神様の時と期間

今週の主日の御言葉は、神様の時と期間

「時の神様」というように
「時」という言葉は、聖書にたくさん出てきます。

天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。(伝道の書3:1)

季節も時がきたらめぐるように
乗り物も乗り遅れたら出発してしまうように
個人の力で何とか延長できる場合もありますが
大抵、大きな時の流れには、逆らうことができません。
それぐらい、時をつかむことが重要だということ。

2000年前、イエス様が御言葉を伝えていた時も、
神様が人間の世界に、人を通して働かれていた「時」であり「期間」。
その時に、メシアを悟れなければ、後世で悟るしかないのが歴史です。

何事も、後から分かって後悔することがないように、
「時」を分かって、貴重に今を生きたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。