御言葉と祈りで神様と聖霊様の武具を身につけなさい


今週の主題は

御言葉と祈りで神様と聖霊様の武具を身につけなさい

「武装」というと、
なんだか仰々しい感じがしますが、
信仰的な「武装」は、
祈りと御言葉だと聖書でおっしゃいます。

神様の考えと離れないこと

と言えば分かりやすいでしょうか?

今は様々な技術も発展し、
目に見えることは満たされて、
神様のことを考えなくても済む時代になりました。

けれども、根本的に、
どのように生きたらいいのかという問いに
答えられる人は、多くはありません。

旧約聖書のアモス書に、
このような聖句があります。

主なる神は言われる、「見よ、わたしがききんをこの国に送る日が来る、それはパンのききんではない、水にかわくのでもない、主の言葉を聞くことのききんである。 

彼らは海から海へさまよい歩き、主の言葉を求めて、こなたかなたへはせまわる、しかしこれを得ないであろう。

アモス書8:11-12

預言者アモスの時代、
多くの人々が神様から離れ、
偶像に仕え、好き勝手に生きていました。

その状況に胸を痛め、
神様が預言者アモスに語った言葉です。

そしてこの預言の通り、
イスラエル民族は国を失い、
400年、御言葉が途絶えることになりました。

神様の御言葉が途絶えたということは、方向を失ったことになります。どのようにすれば生きると言ってくれる人もいないし、その時は刑罰の期間を過ごします。(主日の御言葉より)

何だか昔の話に思えないのは、
私だけでしょうか?

それだから、悪しき日にあたって、よく抵抗し、完全に勝ち抜いて、堅く立ちうるために、神の武具を身につけなさい。

エペソ人への手紙6:13

「神の武具」である「御言葉」と「祈り」。

この両方を備えるならば、
これからの時代も希望で生きられると信じています。

ABOUTこの記事をかいた人

貿易の仕事をしながら摂理の教会に通っています。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア。インターネットが好きです。