分別の知恵

ハレルヤ☆
今週は、「分別の知恵」という主題で
7つの賜物についての御言葉が伝えられました。

神様はさまざまな賜物を
一人の人にすべて与えることはせずに、
各自個性どおりに、願い望むとおりに与え、
得るようにさせて下さるそうです。

すなわち、ある人には御霊によって知恵の言葉が与えられ、ほかの人には、同じ御霊によって知識の言、
またほかの人には、同じ御霊によって信仰、またほかの人には、一つの御霊によっていやしの賜物、
またほかの人には力あるわざ、またほかの人には預言、またほかの人には霊を見わける力、またほかの人には種々の異言、またほかの人には異言を解く力が、与えられている。
すべてこれらのものは、一つの同じ御霊の働きであって、御霊は思いのままに、それらを各自に分け与えられるのである。

コリント人への第一の手紙12:8-11

では、どんな賜物があるかというと・・

1.知恵と知識の<御言葉>の賜物
2.<信仰>の賜物、
3.<病気を癒す>賜物、
4.<力あるわざを行なう>賜物
5.<預言>の賜物、
6.<霊を分別する>賜物、
7.<異言と異言通訳>の賜物

たくさんありますね!
全部ほしい!←

説教では、ひとつひとつ、
詳しくたっぷり伝えて下さったのですが、
印象に残ったのが、
6つ目の霊を見分ける賜物。
この日の核心の賜物だとおっしゃいました。

悪魔やサタンの霊によって行っている事なのかを分別することが、本当に大事な事です。
サタン悪魔がその人を来てその人をそうさせたのです。
生きていく中で本当に必要な事が分別です。

最近、コロナ禍で、詐欺事件も増えています。

ちょうどこの日、ニュースで、ある母親が「夫が浮気している」という知人女性のうそを信じて離婚&浮気調査費などの名目で多額の金をだまし取られ、生活苦も強いられて5歳の子供が衰弱死…という事件を目にし、本当に分別をする力が必要だと改めて思いました…。

分別できなくて騙されたり
無駄なことをしてしまう事がないように、
御言葉を伝えてくださったのだとおっしゃいました。

果樹園の木に「よい果実」もあり、「よくない果実」もあり、「腐った果実」もあるということを分別し、「よい果実」を刈り入れればよい。
刈り入れるときは「神様の御心」かどうか分別して刈り入れなさい。

2021.3.24 水曜礼拝の御言葉

様々なことで、
もっとよくできるように伝えて下さり感謝します!

ABOUTこの記事をかいた人

貿易の仕事をしながら摂理の教会に通っています。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア。インターネットが好きです。