漫画・このようにこうだ:風と神様

%e9%a2%a8%e3%81%a8%e7%a5%9e%e6%a7%98

<感じ>で分かるのだ。
<感じ>は「考え」だ。
<感じ>は「実体」だ。実体があるから感じるのだ。

冷気や熱気が目に見えなくても、
体に感じたなら、それは「実体」を見たこと。
実際に冷たい空気や暖かい空気があるから感じるのです。
見えない=実体がない わけではないんですね。

このように

人間誰もが生まれて一度は
「神様っているのかな」
なんて考えたり感じたりするのは

実体があるからなのです。

かけっこをするとか、さまざまな運動をしたら、熱く熱が出る。火のそばにいたら、熱いと感じる。暖かい部屋に入ったら、暖かさを感じる。
これと同じく、三位と主も感動を与え、触れてくれるから、感じるようになる。その時、すぐに三位と主に話しなさい。

人間が本来持っているこの感覚。

ぜひ呼び覚ましたいですね。

 

いつもの日常を、神様との日常に。

 

It is just like that!

 

2016年9月10日 摂理の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(摂理)のブロガー。漫画を描いたり写真を撮ったり。日常のことや信仰のことをつれづれと描いてます。趣味は雑貨集め。スイマー。おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪