マルタとマリヤの役割分担

今週の主日の説教で、
新約聖書のマルタとマリヤの話が出てきました。

イエス様を家に招いた姉妹の話です。

イラストは、今の時代に合わせると、
こんな感じかな?って。

一同が旅を続けているうちに、イエスがある村へ入られた。するとマルタという名の女がイエスを家に迎え入れた。この女にマリヤという妹がいたが、主の足元に座って、御言葉に聞き入っていた。ところがマルタは接待のことで忙しくて心を取り乱し、イエスとところに来て言った。「主よ、妹が私だけに接待をさせているのを、なんとも思いになりませんか。私の手伝いをするように妹におっしゃってください。」

接待をするマルタ(姉)

*
*
*

主の足元に座って御言葉を聞くマリヤ(妹)

*

有名な話ですが、
このことから私たちは何を学べるのか?

これについて、組織をうまくつくることが伝えられました。

マリヤは場所を整え食事を準備する役割。
マルタは御言葉を聞く役割。

どちらか一方しかないのではダメで、
この2つが揃っていたからこそ、
主が訪れたのだと。

マルタは自分ばかりが接待の準備で忙しく、
御言葉を聞くという大事なことを忘れているという
教訓にも捉えられます。
でもそもそも、この2人の役割がなされていなければ、
主は足を運ばないのです。

このように、霊的なこと、肉的なこと、
二つを準備して主の道を整えなさい
ということです。

シンプルだけれど、深い…!

#

この説教を聞いた時、
私の頭に思い浮かんだのは、そるとるなでした。

私が接待をせず御言葉しか見えなくなって、
るなが気を遣って場所を整える…。
ありありと想像できる光景なのです。るなゴメン。

そる
ところで今日でブログを始めて5年が経ったんだって
るな
もう5年も経つなんてはやいね!
そる
これからもよろしくね
るな
こちらこそよろしくね☆マルタとマリヤのように主の道を整えて、お互い次元を上げていこうね!

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(摂理)のブロガー。漫画を描いたり写真を撮ったり。日常のことや信仰のことをつれづれと描いてます。趣味は雑貨集め。スイマー。おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪