【超・基礎編】旧約・新約の「約」とは?

BS旧約と新約「約束」の違い

我々が得て享受して生きるのは、すでに神様が立てた中心者と先祖たちが神様に約束をもらって、その約束したものを得たので、我々が使い、享受するのだ。

2010年8月14日 鄭明析牧師の御言葉

旧約聖書と新約聖書。

この「約」って何でしょう?
翻訳の「訳」じゃないですょ。

これは、神様と人間の間で交わされた「約束」を指します。

では旧約時代の「約束」は何でしょう?


それゆえ、主は自ら一つのしるしをあなたがたに与えられる。見よ、おとめが身ごもって、男の子を産む。その名はインマヌエルととなえられる。

旧約聖書・イザヤ書 7章14節


わたしはまた夜の幻のうちに見ていると、見よ、「人の子」のような者が、天の雲に乗ってきて、日の老いたる者のもとに来ると、その前に導かれた。彼に権威と光栄と国とを賜い、庶民、諸族、諸国語の者を彼に仕えさせた。その主権は永遠の主権であって、なくなることがなく、その国は滅びることがない。

旧約聖書・ダニエル書 7章13~14節

これらの聖句は、救い主であるイエス・キリスト生誕の預言の一例です。

旧約時代の約束とは「メシアをおくる」という「約束」でした。

旧約聖書には、イザヤやダニエルなどたくさんの預言者たち(「中心人物」とも言います)が出てきますが、彼らが神様と約束を交わし、物語の随所にこうしたキリスト降臨の預言がされているのです。

言い換えるなら、旧約時代の4,000年間、神様は預言者たちを通してメシア降臨を迎えるために「準備」をさせた期間とも言えます。


神様は働きかける将来のために、中心者や時代の表象者に先にその地に伏させ、踏ませる。だからその地に先に伏し、先に踏む人に与えると約束なさるのだ。

2010年8月13日 鄭明析牧師の御言葉

では「新約時代」の「約束」って何でしょう?

新約聖書の最後の聖句がヒントです。

これらのことをあかしするかたが仰せになる、「しかり、わたしはすぐに来る」。「アァメン、主イエスよ、きたりませ。」

ヨハネの黙示録22章20節

この話は、また別講義にてお伝えします( ・ω・)ノ

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。