神様が最も喜ばれる栄光

摂理では、1/1-15まで神様に栄光を捧げる期間です。

いつも行なっている教会の仕事を頑張ってみたり、
新しいことに挑戦してみたり、
お祈りに集中してみたり、
人によって栄光の捧げ方は様々です。

私は、初心に立ち返って、
ブログを毎日更新しております。

更新すると決めると、
その方向に意識が行くから、
たまには決めてやるのも良いものだと思ったり。

このように多種多様な栄光の捧げ方ですが、
今朝、御言葉で、神様が最も喜ばれる栄光について伝えられました。

それは、
神様の御心の生を生きること。

御心の生とは、神様が願われる生。
「自分が願う生」ではなく、
いわば「神様ファースト」な生き方です。

たくさん献金をしたり、
様々に教会活動をしたり、
いつもより聖書を読んだり、

色々な栄光があると思いますが、
根本は、神様が最も願う行いをすること。
自分に向かう創造目的を成すこと。

この中心がズレてしまったら、
表面だけ頑張って、
空回りになってしまいます。

神様が望むことを行うことが、一番の栄光だ。

簡単なようでむつかしい。
むつかしいけど、簡単。

まずは神様が自分に何を願っていらっしゃるのか、
たずねることから、真実な栄光を捧げられると思います。

 

2019.1.10 摂理の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(摂理)のブロガー。漫画を描いたり写真を撮ったり。日常のことや信仰のことをつれづれと描いてます。趣味は雑貨集め。スイマー。おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪