華麗なる牧師さんのひとこと

<絶対に神様に栄光を帰し、主を頭にし、三位と主を愛して生きる人>は「偉大な愛、喜びと愛が天国の高い所まで持続する愛、永遠な愛をする人」だ。理想的な生を生きる人だ。

ある日、神様の愛についての話をしていたとき、
Solの教会の牧師さんが放った華麗なひとことです。

カッコ良すぎる。

牧師さんは、人間と「結婚」しない道を選ばれ、神様と「結婚」されました。(つまり生涯独身)

結婚に関して以前お話した時には、
このように話されていました。

「私が(人間と)『結婚』していたら、離婚を繰り返していたと思う」

神様が、大好きなのです。

まぁともかく

このような意気込みで(?)
「結婚」しようとしまいと、
神様を一番に愛して生きることが
人間にとって「最高の生」であるということです。

 

2017.8.29 摂理の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

週末漫画家&ブロガー。写真も撮るよ。キリスト教福音宣教会(摂理)所属。日常のことや教会のことをつれづれと。摂理がどんなところか知ってもらえたら嬉しい。趣味は雑貨集め。スイマー。おしゃれ信仰生活推進委員。