方向を分からず行う熱心は、死んだ熱心

方向性

方向を分からずに行なう熱心は、死んだ熱心だ。

これは、ある摂理教会の指導者の方が教えて下さった鄭明析(チョンミョンソク)先生の御言葉です。

頑張ってやるにはやるけど、気づいたら目的地とは違う方向に向かって頑張ってることってあるもの。
もしくは、目的地には向かってはいるけれど、無駄に遠回りして頑張ってたり。
で、頑張ってることに満足して終了、みたいな(*_*)

頑張ることは大事だけど、頑張ればいいというものではありません。
目的となる方向性に添った頑張りこそが、真実な結果を生み出します。

「過労死大国」「残業祭り」な日本の企業に、私はこの御言葉を叫び伝えたい。
熱心だけが死ねばまだいいですが、人間が死んでしまったら元も子もありません。

何かを熱心に行なっている時こそ、
この御言葉を、ぜひ心の片隅に。

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。