「口の釣り針」に引っかかりそうになったら

口の紐・言葉の釣り

口の紐(ひも)だ。
口の恵みの紐だ。
口の釣りだ。言葉の釣りだ。

狡猾な者、奪い取る者の「口の釣り針」に引っかかるな。

結局、<害を加える者たち>は「害を受ける者」になるのだといいます。
つまり、悪いことをしたら、最終的には全部自分に返ってくるということ。

生きている間に気づいて悔い改めればいいですが、そうでなければ、死後の世界で裁かれてしまうというもの。

「行なったとおりに受ける」

このような人たちからは、始めから「害」を受けないように、必ず祈って「武装」するようにと御言葉では伝えられます。

神様が、守ってくれるからです。

 

2016年4月20日 鄭明析牧師の明け方の箴言

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。