それぞれの位置に行くたびに、考えは次元を上げて変化してゆく

過程の中では分からない

全て終わってみて初めて分かる。
なぜなら途中で限りないアイディアが出てくるから。

今日が違うし、明日が違うし、明後日が違う。
石も積んでいるうちにどんどん変わる。

それで、最後には完全に作品が出来上がった。
山を上っていくうちにどんどん高い峰に上がるように、
それぞれの位置に行くたびに考えが違う。

方法と原理が違う。

行ってみると、考えが出てくる。
行って手で触ってみると、考えが出てくる。

「あ、これはこのようにしなければならない」という考えが、もっともっと理想的。

だから、無条件、出発しなければならない。
出発すればいい。

***

いくら計画を立てても、戦略を練っても、これがベストだと思う道があったとしても、やりながら、往々にして「道」が変わることってありますよね。

私も思い通りにいくことが、ほとんどありません。
積み上げて積み上げて、このブログも、軌道修正しない日はありません。

ただ思うようにいかない、いかなかったとしても、その時々に受ける感動や構想を大切にしながら前に進んだときに、すてきな「作品」が生まれるのだと思います。

そんなことが伝えられた2015年12月13日・主日の御言葉☆

ABOUTこの記事をかいた人

貿易の仕事をしながら摂理の教会に通っています。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア。インターネットが好きです。