腕を何本も持つように「次元を上げる」コツ

力を出せば出すほど、もっと力は出る。
やろうとするかしないか、それが問題だ。

次元を上げる時というのは、急傾斜を上るようなものだ。
一旦、上ってしまえば、あとは平らでラクになる。

去年のようにやっていてはいけない。

今は様々に行なうときだから、1つだけやっていたらいけない。
平素通りでなく、もっと力を入れて行なって、峠を越える時だ。

1つ1つ行ないながら、様々に備えることだ。
全体がまんべんなくできるようにならなければならない。

今日学んだ、次元を上げるコツ。
それは、熱心を振り絞るということ。

イラストは、ある人に「腕が何本もあるようだ」と言われ、思いついたものです(笑)

やってることは、一見ひとつだけれど、色々な形象を備えるには、山を登るように次元を上げて、平らになったらまた登って、平らになって・・この繰り返しで、きっと次元は上がるはずなんですね。

引用:2016年1月10日 摂理の主日の御言葉
(いろいろな形象を備えてこそ、美しく神秘的だ。次元を上げる方法)

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。