【摂理語録】ハレルヤ

ハレルヤコーラス

アーメンに引き続き超頻出単語ツートップ!

ハレルヤ!!!

こちらは、アーメンにくらべると、だいぶ背中のかゆさ(?)は薄れるかもしれません。
主に、嬉しいときや喜びを表現するときに使います。

例:
「この前ピノを買ったら、ハート型が入っていたんだ!」
「ハレルヤ!」

「ハレル」とはラテン語で「賛美する」という意味で、「ヤ」は「ヤハウェ=主なる神」のこと。
「神を賛美しよう」という意味です。
ヘブライ語では・・hallělūyāh(hallělūたたえよ+yāhエホバを)です。

さて、敏感な方は、もうお分かりかもしれませんね。
喜びを表現するのももちろんですが、切なさや、苦難や迫害の中でも前を向いて進んでいこうとする「ハレルヤ」でもあります。
むしろ、こちらの意味合いの方が強いかもしれません。
数々の著名なアーティストが歌にしていますが、聞いてみたらその意味が分かるかと・・


(別にBon Joviでなくてもいいのですが、Solが中学時代ファンだったということで・・)

・・さて、どんな気持ちになるでしょう?

摂理の説教でも最初に叫ばれる「ハレルヤ!」。

神様の様々な思いが込められたこの言葉の経緯を学び、聞きながら、その意味を今一度、深く噛み締めてみるのもいいかもしれません。

Sol

救いのメモ:職場などで主が上司に臨み、定時帰宅が嬉しすぎて口が滑ったとしても「ハレル・・といいですね!明日も!」などと言って、ごまかしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。