4年前に抱いていたブロガーの野望

過去の紙日記をパラパラ読み返していたら、こんな日記の一文を見つけてしまいました。

image

「ブログは捨てざるを得ない、今は。」って、私、摂理のバイブルスタディしてるときから、結構ガチでブログやろうとしてたんですね。
ちょうど4年前の今頃、「○○歳を目前にして、選択と集中をせまられている」と、聖書とどのように付き合ってゆくかの葛藤が、赤裸々に綴られていて今読むとおもしろすぎる。(4年前の私よ、ネタになってくれてありがとう)

当時のプライオリティは・・

1.仕事
2.聖書
3.生活

って書いてあるw

で、2.聖書のとこに矢印→で「匿名でブログつくろうかしら・・・」と書いてある。

image

「ベース」とも書いてある。私ってエラい。

BS(バイブルスタディ)がおもしろかったので、確か聖書関連のブログをやろうとしてたんですよね。
匿名で、教会の人にもバレないようにやろうとしてたんだと思います。

もし摂理に来てなかったら、確か日本を英語で紹介するブログをつくろうと思ってたんです。
とにかく、純粋に発信したかったんですよね、自分が「いい」と思えるものを。

ついでにこの4年前の1月24日には、このようにも記されておりました。

==

解読したくて仕方がない。

ここまで夢中になれるのは、中学のときの洋楽以来かもしれない。
「必ず私の求めている答えが聖書にある」という確信から。

(…)正直、不安はある。自分が(聖書に投資することで)捨てた以上のものが、リターンする保障はどこにもない。
むしろ、いわゆる目に見えるカタチで外から評価されるものでもなければ、お金を直接的に生み出すものでもない。
ある種の賭けに近い。

(…)でももっと突き詰めれば、救われるべき人が、救われたらいいと思う。
そのキッカケを与えたいとは思う。

(…)そう考えると、目の前のことに向き合うだけ、御言葉を実践するだけなんだと思う。
正しく実践すれば、世の中おかしくなるわけがないのよね。

==

私の過去の日記、おもしろいですよ。

別の日に「(教会の)リーダーはどうやったらなれるんだろうか?」とも書いてありますしね。

しかし、こんなものを発見してしまったら、ますますブログに燃えてしまうな。

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。