母と弟と海鮮料理

摂理の主日の御言葉で、直すべき習慣と癖について御言葉で伝えられました。

これを聞いてまず最初に浮かんだのが、食習慣。

この1週間、
職場のクーラーが効かなかったり、
疲れもあったのか、食欲がなく、
いまいち本調子になれませんでした。

そしたら口内炎まつりになってしまい、
食べないからさらに栄養不足?で治らず、
以前だったら少し寝たら治ったのに、
引きずる引きずる。。(年か…)
これはまずいと野菜を買いに行ったものの、
つくる気力がわかず、
運動してるのになんか肩も痛い…聖霊様〜

と呼び求めていたら、
先日弟が誕生日だったこともあり、
母親が「ごはんに行こう」と誘ってくれて、
久しぶりに母親と弟とご飯に行きました。

海鮮料理。

醤油が口内炎を攻撃しまくりましたが、
あまりに美味しくて元気になりました。

母親が本調子でない私をみて

「大丈夫?少し休んだら?熱はなくて良かった。明日ご飯をつくってあげるから、礼拝が終わったら家に来たら?」

と言ってくれて、
礼拝後の予定をすべてキャンセルして
母のもとに行きました。

母親はすべて見透かす…

特に仕事が忙しいわけでもなかったし、
そんな無理なスケジュールで動いてもなかったら
その中で体調を崩してしまったことがショックで凹みましたが、
メンタル面でもストレスを受けていたことを感じ、
色々次元を上げる必要があることに気づかされました。

キャパを越えて突っ走ろうとすると神様に止められます(*_*)

↑口内炎に爆弾な冷やし中華 (母よ…)

ナスと豚肉の炒め物が食べたいと言ったら
それもつくってくれていて
本当に母から天母・聖霊様を感じるしかなかったです。

悪い習慣がついたら、心も考えも行動も固まってしまって、そのように考え行なってこそ楽です。

そうしていて<悪い習慣>によって「問題」が生じ、それによって自分が「害」を受けるようになります。

一人暮らしをしていると、
乱れがちになってしまうのが食生活。

基本中の基本ですが、
まずはそこから直すように、
聖霊様が母を通してコーチして下さいました。

今回のことから色々悟ることも多くて、
また、形を変えて書いていけたらと思います。

 

2017.7.23 鄭明析牧師の箴言

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。