父親に「完璧なお祈りだ」と言わせたぞ( ・ω・)ノ

R0017043edited

最近、父親の前でお祈りをすることがありました(父は信仰は持っていないですが、私が信仰を持っていることは知っています)。

黙祷や瞑想とかではなく、声に出してするお祈りね。

 

そうしたら

「完璧なお祈りだ。驚いた。」

とひとこと。

 

そりゃそうかもしれない。

娘がいきなり、ペラペラと口をついてお祈りをはじめたら、聞いたことがなければ、驚くしかないでしょう(笑)

 

私も、一番初めに摂理の人のお祈りを聞いて、

「よくこんなにもペラペラと言葉が出てくるものだ」

と、やはり驚いていたから。

 

父よ、娘はこのように成長しているのですぞ( ・ω・)ノ

 

お祈りをした後の父の表情は、一番下の弟が見ても分かるぐらい、柔らかくなっていた。

 

お祈りは、バラバラな家族をつなぎます。

 

神様は、人々の「中心」をご覧になる。
「心」をご覧になるということだ。

 

参考:2013年8月13日 摂理の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。