岡山旅行記④ー香川のうどんを食す

瀬戸大橋を渡り一行は念願の香川県へ。

礼拝後、何も食べていない3人は、
目的地・父母ヶ浜近くの
香川のうどん屋さんを探します。

そる
まわりを見渡す限り山しかないです。
めぐみ
うどん屋さんは一体どこへ…あっ!あった!

手打ちうどん 渡辺というお店に入りました。(写真もサイトより)

それで、ちょっと、いや、
店内でひときわ目を引いたのがコレ!

どーん!

そる
これはビジュアル的に気になります。
るな
私、これにするね。
めぐみ
わ〜それにするんですね!
そる
ここだけの話ですが、るなは私より細いのに大食いです。食に対するガッツは私より上です。
るな
余計なことは言わなくていいよ。

そしてやってきたうどんたち…

気になるビジュアルのうどんもやってきました!

そる
これは斬新すぎる。
めぐみ
この置き方に意味はあるのか?てかこの形はどのような構想で?自分で砕けと?

後から知りましたが、この木の葉型の天ぷらうどんはこのお店の名物らしいです。

るな
おいしい。
そる
えがった、えがった。
めぐみ
ゴリゴリゴリゴリ…
そる
めぐみ氏、今度は何をやっているのですか?
めぐみ
ゴマをすって、うどんにかけています。
そる
こんなの見たことないよ。
るな
私もない…。
めぐみ
え!知らないんですか!?ウチの実家には2つありますよ!
そる
岡山県民と四国県民の心ですか?
めぐみ
すりっきーを知らないとか衝撃すぎる!!


動揺を隠せないめぐみ氏

そる
私は神様の前で、ゴマをするような信仰はしたくありません。
めぐみ
信仰関係ないし!

そして夕方になり、部活帰りの高校生らしき男子たちもぞろぞろと…。

香川県民にとって、うどんは日常的な食べ物なんだな〜と地域性を感じたひとときでした。

そしてお腹も満たされたところで、
最終目的地の、「日本のウユニ」へ向かいます。

つづく…

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。