摂理の聖地・月明洞の「らくだ岩」の秘密

f0320965_19282380

「らくだ岩」という岩が、鄭明析先生の故郷・月明洞(ウォルミョンドン)にあります。

見ての通り、らくだのような形をしたこの岩。
その重さ約 500トン!

でももともとは土の中に埋まっていて、一部しか見えなかったそうです。
先生が、神様の声を聞いて、掘り出したら現れました。

先生はおっしゃいます。
これは、神様が隠しておいた「作品」なのだと。

最初、先生が土を掘ったら、2頭のうち1頭は、頭がなかったそうです。
けれども、それはつくっている最中だったから。

岩も、掘り出さなければ、土の中で大きくなります。
神様の作品は、土の中で育っていました。

もともと大きな人たちもかくしてこそ成長できるのであって、前持って出てきたら大きくならない。
秘密も隠しておくと大きくなるように、岩も隠してこそ大きくなり、掘り出してしまったら、それ以上は大きくならない。

2003年、先生がらくだ岩について言及された時のことです。
先生は続けます。

これからのことは話さない。
話したら、大きくならないから。
話したら、育たないから、話さない。
私が何でらくだ岩の話をしているか分かる?

約2000年前、イエス様の誕生の時も、
東方の博士はらくだに乗ってやってきました。

この岩の秘密を解く鍵は、マタイによる福音書 2章にあるといいます。

色々と想像力が膨らむ、らくだ岩です。

参考:2003年 鄭明析先生の説教「神様の仕事」より
写真:月明洞公式サイトより(http://wmd.god21.net/)

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(摂理)の日常を描いてます。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー。おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。