疲れないための知恵

<小さい仕事>には「小さい時間」を投資し、<大きい仕事>には「大きい時間」を投資しなさい。そうすれば一日の仕事が軽いから、軽々と背負って行く。だから次の日も疲れず、続けるようになる。

これは「仕事をする技術」であり、「仕事をする知恵の秘法」だ。

疲れる時ってあります。

でも、当たり前ですが、
疲れるのは原因があるから。

小さな仕事が山積みになってしまったり、
次々と仕事が入ってきたり、
健康状態や、精神的なものもあるかもしれませんね。

摂理の御言葉では、

<小さい仕事>には「小さい時間」を
<大きい仕事>には「大きい時間」を
投資しなさいと言います。

まずは、時間の使い方を見直すこと。

このバランスをうまくとれる人が、
「疲れない人」なのでしょう(・ω・)ノ

<小さい仕事>が溜まっていくつかが集まったら、「大きい仕事」をするとき致命的な暗礁になって、自分を疲れさせる。<大きい時間>をもって「大きい仕事」だけをしたら、絶対疲れない。<摂理の仕事>もそうだ。

この2日間、森林浴に行く夢や、
健康について考える夢を見たりして、
他人事とは思えない御言葉…。

 

みなさまもイラストのSolみたいに
疲れてしまわないように。

御言葉を学んで、
うまく時間を使っていきましょう(^^)

 

p.s. 学生時代、知り合いが披露宴を疲労宴とフェイスブックに誤投稿していたのをふと思い出しました。疲れていたんだな…。

2017.1.19 摂理の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(摂理)のブロガー。漫画を描いたり写真を撮ったり。日常のことや信仰のことをつれづれと描いてます。趣味は雑貨集め。スイマー。おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪