ある大学生のヒトコト―摂理は「めっちゃ楽しいところです!!」

20141228215938173

日々、教会運営やら、伝道やら、大忙しな摂理。

先日、メンバーの家に泊まったら、今年の頭に礼拝デビューしたばかりの、大学4年生の女の子がいました。

実際、大学生ってどう感じてるんだろう?と思い・・

「摂理どう?」

と聞いてみると

即答で

「めっちゃ楽しいです!!」

との答えが。

とにかく御言葉を学ぶのが楽しくて、Bible Studyを進めて、礼拝に参加するようになったのだとか。
表情が、キラキラしていました。

こんな気質のある良い子が来てくれて、神様、ガッツポーズに違いない。
なんて、こちらも嬉しくなったと同時に、こんな御言葉を思い出しました。

<人間が努力して迎える機会>があり、<天が与えた機会>がある。
<人が与える機会>や<自分が努力して得る機会>は、小さい売店ぐらいに小さい機会だ。
<神様が下さる機会>は、一生に一度とも見ることができる。
その機会を捉えて行きながら、続けて「時」を迎えるのだ。

(2014年3月12日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

大学生活を経て、これから社会に出ようとしている、言ってみれば自己形成が盛んな時。

そんな時に<神様の機会>をつかみ、これからは神様と共に、どのような「時」を迎えるのか、考えただけでとても希望的です(私も年をとった)。

そんなわけで

摂理は

「めっちゃ楽しい!!」

世界なのです。

Sol

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。