摂理で学ぶ「天の御心」と「自分の意向」の違い―京都大学を目指したある家庭局の人の話

20141107230900f5b

「実は、京都大学に行って、外交官になりたかったの。」

これは、とある摂理の家庭局(摂理で結婚した人たちの部署)の方から聞いたお話。

現在は、一児の母。
「摂理の仕事」もバリバリこなし、社会人時代も海外で働き、出版関係の仕事を経て、フリーのライターをこなしてしまう「ツワモノ」。
Solが摂理に来たときからお世話になっている、とても尊敬できる方です。

摂理に出会ったのは、滑り止め(?)で入学した早稲田大学時代。
京大は、A判定が出ていたにもかかわらず、落ちてしまったのだとか。

Rさん 「なんで早稲田?って、最初は、早稲田にいることが受け入れられなかったの(笑)」

Sol 「でも結果、東京に行ったから摂理に出会ったんじゃないですか、よかったじゃないですか。(こりゃ摂理にいなかったらとても付き合える人ではないかも・・・) 」

Rさん 「本当、御心(神様の計画)ってわからないよね~。」

Solが思うに、このような人(?)は、おそらく京大なんかにストレートで進んでしまったら、たとえ摂理に出会ったとしても、「外交官」という「自分の道」まっしぐらで、とても神様が入る余地がなかったのではないだろうかと思います。(←余計なお世話)

でも御心があったから、神様は出会うように働きかけて下さったのだろうなぁと。

主人の考えと他人の考えが異なるように、主人でいらっしゃる御子の考えと私たちの考えは異なる。
共に行なう人だけが、共に感じるようになる。

(2013年3月12日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

Solも、高校時代は「東京・私立・青山学院大とかで華やかなキャンパスライフ★」なんぞに憧れた時期もありましたが、今思うと御心なかったようでバッサリその道は切られ、地方の地味な大学へ。

社会人になってから、大学(留学)時代に出会った友人に御言葉を教えてもらったのだから、何がどう転ぶか本当に分かりませんね。

青学なんて行っていたら、Solには華やかすぎて、色々と死んでいたかもしれません(あくまでSolの話ですよ)。

「御心どおりに」とは、「神様と聖霊様と御子の計画どおりに、その考えどおりに、その心どおりに」を言う。
神様と聖霊様と御子の御心どおりにするためには、まったく自分の計画があってはならない。

(2014年4月7日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

神様に出会うまでも、神様に出会ってからも、人生の主人は、自分ではなく、神様。

「自分の道」ではなく「神様の道」を進むことが大事、という今日の話でした♪

Sol

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。