個性通りに「主の身体」となる人たち

内的な証、外的な証

頭は主だ。

あなたたちは各肢体だ。

引き上げの理想世界。

コリント人への第一の手紙12章25-27節

今週の御言葉は、各自が個性体として、神様のもとで存在していることについて伝えられました。

人間でたとえるならば、頭は神様。

肢体は私たち。

ナイフや包丁、ノコギリは同じ「鉄でつくった道具」だが、機能が異なる。これが個性だ。神様はそのように人間も個性で創造なさった。

だから、ひとりとして同じ人間はいないということ。

みんな神様のもとで、ひとつの調和を成した理想世界をつくることができるということ。

それぞれの役割を見出して、神様の願う世界をつくりたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。