できなかったことは、あとから見える

箴言・やっているときは分からない

やっているときはよくできたかできなかったか分からない。
あとで次元を上げてから見たらできなかったことが見える。

何事も、過程の中ではできてるのかできてないのか、はたまた何でそれをやってるのかすらよく分からなくなるもの。

けれども最後まで行なって、自分の次元が上がった分、できなかったものが良く見えて、また新たに前に進むことができるのです。

「成長」というのは、その繰り返しなのかもしれません。

Sol

2015年5月30日 摂理・鄭明析牧師の明け方の御言葉

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。