摂理クリエーターの気分が落ちる無邪気なひとこと

クリエーター3姉妹

簡単でいいからさ!
パパッとやってくれたらいいよ!

先日、デザイナーのcoaraちゃんと話していたあるある話。

こういうの困るよね。

いや、やるならそれなりのもんつくりたいワケで。
「簡単」にやることなんていくらでもできるけど、それが小さなことだとしても、結構人目にさらされることであれば、あんま妥協できないワケで。

「そんなにこだわらなくてもいいのに」
「なんでそんなにこだわるの?」

こういうのもダメですね。(by MiK)

アーメン(その通り)

「絵描きとしての、絵に対する情熱を理解してもらえない発言は心が痛い」とはMiKちゃん談。

なんだろう、
でもやっぱり

個性だからラクでしょ的な目でられるのが結構さみしいかなぁ笑(by coara)

いや、ホント。

言ってる方は、本当に悪気なく言ってるのは分かるんですけど、社会人で仕事もくっそ忙しいときとかだと、悪魔のささやきに感じます。

「簡単」になんて、できねぇよ・・。

写真も簡単に・・

撮れねぇよ、カメラ重いんだょ・・。

まぁ、「使命者はかき氷を食べるように楽にやる」なんて御言葉もあるぐらい、楽しくラクにやってる部分ももちろんあるので(むしろそちらのが大きい)、どっちやねんという感じなんですが(^^;

でもたぶん
自分で「簡単簡単!」とか言ってる分にはいいんですけど、
人に言われると何故か悲しくなるんですよねぇ・・。

「無理だったら全然いいよ!そのときは自分たちで何とかするから、時間があればで大丈夫だよ!」

とかいうのは、自分への期待値を感じる+人に任せたくないというプライドに火がつく+自分のことを気遣ってくれている感があって、逆に「いや、やります」という気持ちになります。(単純)

お願いする時ほど、「引き」が肝心なのかもしれません。

これは、クリエーターに限った話じゃないですね。
日々当たり前のようにもらっている御言葉も、きっと同じ。

専門家にお願いするときは、少しだけ、ご注意♡

私も気をつけよw

ABOUTこの記事をかいた人

貿易の仕事をしながら摂理の教会に通っています。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア。インターネットが好きです。