器用貧乏な人が励まされる摂理の御言葉

話の引き出しが多くて困ります

いつも<全体>がよくできてこそ、変化して<次元>が上がるのだ。
<一つのこと>だけがよくできれば、「よくできたこと」だけ、賞をもらう。<一つのこと>が「全体」になれない。

これは、励まされますね。

器用貧乏=全体を広く見渡せるオールラウンドな視野の広さを持つ人

だと、勝手に解釈しておきます…。

2016年1月5日 摂理の御言葉より

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。