摂理にくる「時」

摂理にくる「時」イラスト

<自分の時>があります。「自分の時」に大きくならなければなりません。

摂理では、それぞれに信仰をもつにも「時」があるのだといいます。

親が摂理で信仰をもっていれば、自然と信仰をもつことにもなるのでしょうが、そのような人たちはまだ少数。

そうでない人たちが多いのが今の日本の摂理です。

もちろんSolもそのひとりです。

#

信仰をもとうと思ってもてるものでもありませんし、「ここがいいな」と心から思える場所にすぐに出会えるわけでもありません。

実際Solも、信仰に漠然とした憧れはありましたが、摂理にくるまで「コレだ!」と思うものには出会えませんでした。

教会の人にも摂理に来た「時」を聞いてみると、実に様々です。

学生生活を充実させたいと思っていた時だったり、もっと変化や成長をしたい時だったり、世の中を変えたいと思っていた時だったり、「自分軸」の必要性を感じていた時だったり…

大学生でなくとも、社会人であっても、結婚された方であっても、位置や次元は違えど根本は同じで、それぞれに導かれる「時」があるのだなという感じがしています。

#

いつも自分の時がある。
必ず自分の時に大きくならなければならない。
時が過ぎたら、あとではやりたくてもできない。

もし、何かがきっかけで摂理に出会って、何か感じるものがあるならば、それは自分にとって神様に出会う「時」。

信仰という「種」をまいて、「成長」させ「変化」させる「時」でもあるということです。

春に咲く花が冬には決して咲かないように、「種」をまくにも「時」があります。

このブログも、そんな「時」のきっかけになれば、うれしいです。

2016年2月21日 主日の御言葉より

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。