「祈り」と「瞑想」の違い

20120124_2212510

最近、瞑想ブームですよね。

若い女性とか、スポーツ選手とか、経営者とか、色んな人の関心が向いているのを感じます。
それだけ心を落ち着ける時間がないってことでしょうか・・。

摂理も瞑想したりするの?と思われるかもしれません。

が、基本、摂理ではいわゆる「瞑想」ではなく、声に出して神様に告げる「お祈り」をします。

黙想ではなく集中だ。そして口で告白して私に進み出なさい。
黙想祈りをするな。黙想祈りをしたら眠くなる。寺ではない。はっきり詳しく主に告白する祈りをしなさい。
主は祈るときそばで聞いていらっしゃる。主の考え通りに祈ってこそ通じる。
(2010年7月19日 摂理の御言葉)

このように、「言葉」で神様と疎通する重要性が、御言葉で伝えられます。

恋人同士もきちんと思いを言語化してこそ理解しあえるように、神様と人間もそのようだということでしょう。
自分自身も、思いを声に出すことによって新しいことに気づいたり、思いがけない感動を受けたりするものです。

これが、瞑想とは違う「味」なのかもしれません。

声に出すお祈り、良いですよ♪

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(摂理)のブロガー。漫画を描いたり写真を撮ったり。日常のことや信仰のことをつれづれと描いてます。趣味は雑貨集め。スイマー。おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪