コロナ禍での主日礼拝

週末は、久しぶりに教会で主日礼拝を守りました。

検温、マスク着用、人数制限など、
コロナ対策もしっかりとされた中での礼拝。

席もあらかじめ決められていて、
私は窓側の席だったのですが、
換気使命席(?)でもあったようで、
賛美の合間に窓を開けたり閉めたり
何だかちょっとシュールでした…。
(窓開けのタイミングになると「換気してください」って、前の画面に合図が出るんですよ、すごくないですか?!)

御言葉は、自分をつくることについて。
自分づくりに関する御言葉は、
これまでたくさん伝えられていますが、
もっとより、神様の願いにかなうように、素敵に。

その時々のライフステージに合わせて、
新しくなることは異なるから、
今の時に合わせて、
後押ししてくれる御言葉には本当に力を受けます。

私はちょうど今月から、
仕事も新しくなったばかりなので、
仕事を通してもっと自分を磨こうと思いました!

久しぶりに会うメンバーとは、
一緒にご飯に行きたい気持ちもおさえて、
礼拝が終わったらすぐに解散。

早くまた毎週、礼拝を捧げられる日が戻るといいなぁ
なんて思いながら、帰路につきました。

おしまい。

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。