漫画・摂理日和 その25:魂体活動

摂理日和25魂体活動

ビックリしました。

えっ(´Д`)・・・って。

<夢>は「現実」にあったことを象徴的に見せたりもし、「未来」にあることも見せたりする。だから「現実」にあったことを解けなければ、「夢の啓示」も解けない。
<2014年6月19日 摂理・鄭明析牧師の明け方の箴言>

夢の中の自分(魂)が現実世界にすべきことや、これから起こることを教えてくれるとは御言葉でも伝えられてますが、今回はピンポイントすぎて笑えました。

で、何かと登場するイチローくん。
彼とは特に会っているわけでもなければ、漫画に登場させようとも思っているわけではないのに、夢を通して何かとセンサーに引っかかってきます。

<魂の世界>は<肉の世界>より鋭敏で、互いの心がすぐに分かり、すぐに通じる。

彼のブログでのドヤ顔の影響 信仰人としての霊的疎通によるものだと信じます。

これからはもっと夢(魂)で神様と疎通する時代だと言います。
この能力、開発すべしです。

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。