ねじれる胃腸炎から悟ったこと②-「救い」はタイミングが命

胃腸炎になった日②

ねじれる胃腸炎になり、孤独病にかかったSol。

「胃にやさしい何か美味しいものを食べさせてほしい・・」

恥ずかしながら、こんなことばかり考えていたと思います。

カッコ悪いと思いつつ、力をふりしぼり、
親友のLunaに電話をしてみるものの仕事中で出られず、
気づいてほしい人にさりげなく投げたメールはあまり相手にされず、

気分はズーン。

夜に御言葉を聞いて少し元気になったところで、異変を察知したLunaが「何だかかけたほうがいい気がしてかけてみた、大丈夫?」と電話をくれて、思わず涙がポロリ。

最近悩んでいたことも打ち明けることができて、お祈りもしてもらい、気持ちがとてもラクになりました。

#

このことから感じたのが、
人は孤独になると必ず何かしら「ヘルプ」のサインを発すること、
そして「その時」につかまなければどんどん落ちていってしまうということ でした。

自分の恋人が深い水に溺れた。人は水に沈んだら、また上がる。
<一回目>浮いて上がってきたけれどもまた沈み、最後に<二回目>また浮いて上がってきてまた沈んだら、その時は「もう救う機会」がない。
<二回目>が「最後の機会」だ。

遠隔地で誰も話し相手がいなくて、
自分からもう電話をする気も起こらなくて
負のスパイラル
孤独チーン な状況を

つかんでくれたのは、神様の存在(御言葉)とLunaだったわけですが、もしこれが深刻なうつ病や精神的な病だったら、手遅れだったかもしれないし、このようにして、日本の至るところで孤独の病が起こっているのだろうと、直感的に感じざるを得ませんでした。

「この時に救えなかったら終わる」と思って、<自分の肉>が気を引き締め、心と思いと命を尽くしてやらなければならない。

正直、メールの限界、電話の限界も今回感じ、よほど強い信仰でもなければ「会う」ことでしか救われないことがあるのだということも、容易に想像ができました。

だからもし「孤独」を感じる人がいるならば、
「信仰」という確信できる拠り所の価値を
このブログから見出してもらえたら嬉しいです。

 

参考:2016年6月11日 主日の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

貿易の仕事をしながら摂理の教会に通っています。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア。インターネットが好きです。