理不尽な扱いを受けて、殺したいほどの血気に見舞われた時思い出したい御言葉

誰かが自分に悪いことをして、心と考えが誰かを憎み、害したい時、あるいは殺したいほど血気が起こる時は、自分が自分を治める人になって、神様と主の名で自分を厳しく叱り、言葉で鞭を打たなければならない。


アーメン

実はまさに今、職場でこのようなことが起こっていて、どうしたらいいものか悩んでいたのですが(殺しはしませんが…さすがメイドイン韓国な御言葉)、あまりにピンポイントな答えが御言葉で来て感動しました(笑)

神様を呼び、主を呼んで事情を告げ、憤りの対象に対して行なったとおりに報いてくださいと祈り、反省するようにさせてくださいと祈りなさい。

そうすれば神様が公義をもって手をつけて、行なったとおりに処理なさる。神様が行なえば、行ないどおりに本当に恐ろしく手をつける。

仇(あだ)を討つことは、自分がやったら、やっている途中で死ぬこともあるし、あるいは憤りと血気で行なったことの100倍、1000倍、1万倍、100万倍まで受けるから、そうする必要がない。

主の名で神様に告げなさい。そうすれば神様が聖霊と共に早速そのことに着手なさる。

ちょうど、耐えられず昨晩摂理メンバーに相談したら、その子は「職場環境は祈った分必ず変わる」と確信を持って私に言いました。
そうか。武力行使する前にまずは祈らねば。

全能者に主の名で告げなさい。事情を話しなさい。行なったとおりに処理してくださる。

ちなみに続けてこんな御言葉も…

全能者はおっしゃらずに「さまざまな自然万物」で手をつけ、御言葉の剣を当てる。

天変地異でも起こるだろうか。

ともかくも、結果が出たらまたお知らせします。

 

2017.3.24 摂理・箴言の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

貿易の仕事をしながら摂理の教会に通っています。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア。インターネットが好きです。