タブーは<カッとなる肉性>だ。

f0320965_23533078

「申し訳ない。つい先ほどはカッとしてしまった。」

先日、職場でのことです。
某社員さんが、貨物輸出のため、通関士のTさんに通関依頼をかけたのですが、

「こんな不備だらけの書類は受けられへんで?あ?ナメとんのか?」
(→とは言ってませんが、いかにもこんな態度で・・)

というやりとりになり、輸出申告に入る前段階で、貨物がストップするという事態が起こりました。

しばらく経ってから、T氏より冒頭のお詫びが入りました。

***

「カッ」とする肉性は殺人的な心だ。

これは、約2年前、御言葉で言われたことです。
しかも主日に。

目上の人がより沢山知っているからといって、目下の人が知らないで自分の主観を主張するとき、威圧する態度をとって「おまえに何が分かる。私は知っているのに・・・」と言って、その人を倒して、腕を後ろにねじりあげ、その背中を足で踏むように見くびるその行為が、肉的な血気であり、憤りであり、カッとする心だ。そうしているうちに、大変なことをしでかす。
(2012年7月8日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

なかなか激しい描写ですが(さすが韓国)、これは鄭明析先生が、夢の中で、間違ったことを言った牧師さんにカッとなって行なったことだそうです(夢ですよ!)。

カッとする言葉、心、行動は、小さくても大きくても、「肉性」。
それはマッチで家に火をつけるようなものだと言います。

小さな火種が自分という家を燃やし、やがては取り返しのつかないことになり、滅びる。
この気質が1%でもある限り、天国への門は閉ざされます。

例えば、肉界では兄弟に対して腹が立っても、その通りに話すこともできず、行なうこともできないから、心の中で「頭を踏んづけてやろうか」と思います。このように心で考えれば、霊界では実際に自分が憎んでいるその兄弟の頭を足で踏みつけ、蹴っています。(2014年7月14日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

このように、カッとなる心は、自分の死後の姿にまで影響します。
だから相手がいくら間違ったことを言ったとしても、自分の心情が害されたとしても、カッとする言葉で兄弟の心を折ってはならず、平和にすることが知恵だと御言葉では説きます。

もちろん間違った考えの人を正しくすることも大事ですから、きちんと意見は言う必要もあります。
けれども、カッとせず冷静に対処すればいいだけのこと。

信仰生活も、職場も、学校も、主の品性を持ってこそ、自分自身の「霊」を天の品性に変化させることができます。
鄭明析先生も、以前はよくカッとなったそうです。

先生も、一人でいるのに、ある時はカーッと憤りがこみあげてくる時があります。その都度、私の中から善なる心が起こって、カッとする心を倒して、その腕をねじり上げて、降伏させます。ある日主に「今はカッとする心がだいぶなくなりました」と言いました。そうしたら主が「あなた、このあいだ面会に来た人に正当なことを言いながらカッとしただろう」とおっしゃったので、本当に恥ずかしかったです。それで悔い改めました。笑顔で迎え、笑顔で送ることです。(2012年7月11日の御言葉)

先生でさえも、このようだったということです(激しいですね…)。
けれども20年間、御子のコーチングのもと、山での修行生活をしながら悪い性格と質(たち)を直しました。

それほどまでに、カッとなる精神は、人間にとって取りのぞくべき「根性」です。
Solも、職場で忙しいとよくカッとなってしまうので(特に4月は忙しかったので1日3回くらいカッとしてました)その度に、この御言葉を思い出し、自分を抑え、悔い改めたものです。

***

長くなってしまいましたが、最後に。

全能者神様は天地を創造し、人間を創造なさって、人間が生きられるようにすべてを作っておいたが、あなたたちは何をしたか。太陽を作るとき、一緒に作ったか。月と星を作るとき、あなたたちが一緒に作ったか。山と水と植物を作るとき、何か一つでも作ったか。(・・・)それなのに、神様のことも救う人のことも、愛することもせず、信じることもせず、心がカッとなるばかりで生きようとするのか。人間が生きられる状況を100%作っておいたから、自分が生きるために存在さえすればいいのに、自分の身一つもちゃんと作ることができなくて、天を敬い、愛して生きることができないのか。(・・・)みんな悔い改めなさい」
(2012年7月8日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

「カッとなって」起こる事件や、「キレる若者」の風潮がまかり通ってしまう今の世の中ですが、
今後は一層、人間の怒りや血気に対する、根本的な解決策が模索されてゆくのかもしれません。

Sol

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。