私たちの人格は、先生の人格

R0013517ed

先日、母親が教会に来ることがあったのですが、
そのとき、たまたまあるメンバーが母親の近くにいて話していました。

私は横目で見ていたのですが、そうしたら、母親の目に涙が浮かんでいました。
どうしたんだろう?と思いつつもその時は素通りしてしまって、

昨日、そのメンバーと話したら、
あることを「お祈りしています」と言ったら泣いてしまったとのこと。
摂理教会メンバーの愛を感じたようです。

そのメンバーは、母と話したことなんてほどんどなかったのに、
以前さりげなく私が話したことを覚えていてくれて、
お祈りをしてくれていたようでした。

ほとんど会ったことのない人のために祈り、
ましてや会ったときにさりげなくそのように声をかけて、相手の心を動かすなんて、
本当に実践し、人格が備わってないと到底できないこと。

すごく、深い愛を感じました。

でもこのことを通して思ったのが、
その人格をつくってくださったのは御言葉であり、鄭明析先生だということ。

わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そのような人は多くの実を結ぶであろう。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからである。(ヨハネによる福音書15:5)

聖書では、イエス・キリストをぶどうの木に喩えることがあります。
良い実は、良い木から実るんですよね。

母親は、根本的には、メンバーではなく、先生に出会ったのだと思いました。
そして先生を通して、神様に出会ったのだと思いました。

兄弟に会ったら、元気を与え、力を与え、恵みを与えなさい。
このような人が「御子と主の香りを放つ人」だ。

 

2014年12月23日 摂理の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。