主の新婦

主の新婦になりたい。

この写真が撮れたとき、
この言葉以外思い浮かばなかった。

今は、神様を新郎として、
人間が新婦となる時代。

それぐらい、近い関係の時代。

神様と人間をつないで下さる
キリストを送って下さったことに
感謝をする週にしていきたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。