疲れたら、耳がちょんぎれるほど賛美を聞いてみる

耳がちょんぎれるほど賛美聞いてる

自分の部屋にいるときは、ほぼBGMで賛美が流れています。

「舌がすり減るほど御言葉を伝える」なんて言ったりしますが、

「(韓国製の)CDすり減らないかな・・」

なんていらない心配をしてしまう摂理のSolです。(現にたまに音が飛ぶ)
そのかわりに耳がちょんぎれました( ・ω・)ノ ←この言い回しに別に深い意味はないです

#

鄭明析(チョンミョンソク)先生は、
疲れたときは賛美をしなさいとおっしゃいます。

これホント!
歌う元気がなくても、とりあえず耳に入れれば、
不思議と元気になってくるのです。

それもそのはず、
賛美(の歌詞)は御言葉だといいますから。


私を離れないでください


火のように叫ぶ

最近、よく聞いている2曲です♪
三位一体の女性神・聖霊様の曲です。

あとはこれかな・・

今夏のテーマソング「良くても悪くても我らは一つだ」(日本語verでないかな・・)。
演歌調だけど、頭をぐるぐるしています・・。

疲れたときは(耳がちょんぎれるほど)聞いてみてくださいっ( ・ω・)ノ♪

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。