摂理のいいところは、自分の意見をはっきり言えるところだと思う

「形式」や「表面的な付き合い」が世界一嫌い&苦手なSolですが、摂理に来ていいなと思ったのは、それをする必要が一切ないこと。

徳を高めない言葉、形式、態度を葬り去りなさい。昔の方法や習慣、形式を捨てなさい。

世の中の「チェンジメーカー」と呼ばれる人たちも、実践してることですよね。
常に常に、新しくなっていかなければいけないから、古いものや錆び付いたものは、葬っていかなければいけません。

日本人が苦手がちな「意見を伝える」ということも、会社では言いにくいことがありますが、摂理であれば、その根拠として御言葉があるから、こちらも伝えやすいし相手の理解もはやいです。

先ほども、ある方が組織づくりをされていて、
ちょっと私にキャパオーバーの仕事がまわってきそうだな…
と思ったので(その方は意図的に私に負荷をかけてるとかでは全くないです)、すぐにお祈りして電話をかけて思いを伝えました。

そしたら「そうなんだね!こういうふうにすぐに連絡をくれるのが一番助かる」と言ってもらえて、あぁ言ってよかった(笑)

ここで私が「せっかく考えて下さってるのに申し訳ない」とか「みんなのため?にやらねば!」みたいな正義感の種を持ってしまうと自分がつぶれてしまう…(*_*)

神様の前では形式や体裁は通用しないから、人にもそのような心で接してこそ真実な関係性を築けるのだと思います。

ちなみに私は、自分が任されようとしている位置自体が必要ないと思えば、それも伝えるようにしています。
自分が「名ばかり」にならないために…。

これからは

Face to face

ではなく

霊と霊、魂と魂が出会うように対話をしなさいと、御言葉では伝えられますが、より神霊になって、御心の摂理世界をつくっていけたらと思います。

 

2017.3.31 摂理の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。