摂理の聖歌隊賛美 『良い木 良い実』

最近、何度も聞いている摂理の賛美があります。

「良い木 良い実」

わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。わたしにつながっている枝で実を結ばないものは、父がすべてこれをとりのぞき、実を結ぶものは、もっと豊かに実らせるために、手入れしてこれをきれいになさるのである。
ヨハネによる福音書 15章5節

こんな聖句がありますが、
良い木が良い実をみのらせることは、

誰もが分かる理知と法則=真理ですよね。

%e8%89%af%e3%81%84%e6%9c%a8%e8%89%af%e3%81%84%e5%ae%9f

主が行なったことを話し
成すべきこと必ず成す

見た私が証する
言葉のとおり行う生を

命かけ
その真実さけぶ

私の手をはなさないで
永遠に

↑この歌詞の部分が
ものすごくすき・・!!!

主の良い木には

良い実がみのるから

喜んでください

主の目の前で
私は堂々とこのように言えるのか?

そんなことを、最近毎日考えています。

image

P.S この賛美から構想を得た こちらの4コマ もよろしくお願いします☆

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。