摂理の聖歌隊賛美 『アルパとオメガ』

聖歌隊賛美の新曲です♪

わたしはアルパであり、オメガである。最初の者であり、最後の者である。初めであり、終りである。
ヨハネの黙示録 22章13節

アルパとオメガといえばこの聖句。

α アルファ
Ω オメガ

最初最後、の意味です。

それは男性と女性、東と西のように対(つい)になるようなもので、どちらかが欠けて存在するものではないと摂理で教わりました。

人の一生も、初めがあれば、終わりがあります。
歴史も、初めがあれば、終わりがあります。

そして御言葉では、実は「今」が「終わり」なのだと言います。

え、どういうこと…?

と思うかもしれませんが、
ここでは語りつくせないので、
気になる方は、お近くの摂理人まで…☆

写真は、摂理の聖地・ウォルミョンドンのクッキ峰から見た夕焼けです!

アルパとオメガ

わたしは アルパとオメガ
初めと終わりだ
行った通りに 報いよう

初めは微弱だが
今は 壮大になった

アルパは福音の歴史だ
オメガ 神の創造目的
天と地でも引き上げの歴史だ

最後の新婦の愛の歴史だ

※全体繰り返し

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。