聖殿にて、レアすぎる皇族切手発見

摂理の教会も、年末の大掃除にとりかかっています。

落し物や持ち物不明物など、
あれやこれやと毎年出てくるものですが、

皇太子と雅子様のご結婚記念切手が出てきましたw

62円て!いつ!

皇族といえば、摂理の御言葉には、
よく皇太子と王妃の比喩が出てくるんですよ。

皇太子=神様で、
王妃は、恋人である私たち人間。

天地万物を治める神様が、
民を治める皇太子を象徴しているのですね。
その王妃として、ふさわしく生きなさいと。

雅子さまのように、
知的でエレガントに生きたいものです。

そるもいつか切手になれるよう頑張ろう(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。