<内容>より<心情>で接したい

20160712

教会の人と接しているとき、
意識したいなと思う御言葉があります。

 

<内容>より<心情>だ。

よくしてあげても、「心情」を逆なでしたら、
してあげなかったほうがましだ。

<心>が「宝」だ。「プレゼント」だ。

心の宝、言葉の宝、行動の宝だ。

 

よかれと思ってやってることでも
相手の「心情」を傷つけてしまっていることはきっと多くて

それなら黙って祈っていたほうがマシだったりします。
「理にかなっている」だけで物事を決めてはいけないなと。

 

そしてそれを
神様にしてしまっていることも多いと思う。

「こうおっしゃったからこうしました!」

と言うものの、それが神様の意向とズレていることほど残念なことはないと思います。

 

人にも神様にも「完全」に接したい。

 

2016年7月12日 摂理の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。